美白化粧水の効果的な使い方

subpage01

女性なら誰でも白く透明感のある肌に憧れるものです。

化粧水の美白情報をお教えします。

美肌を目指して毎日美白化粧水を使っているという人も多いと思います。

しかし、中には毎日丁寧にケアしているつもりなのに、トラブルが改善されない、思ったほどの効果が感じられないと悩んでいる人もいるようです。

そんな人はもしかしたら、使い方が間違っているのかもしれません。美白化粧水をつけるときには、コットンではなく手でつけるようにしましょう。

手のひらの体温で温めてつけることで、有効成分が浸透しやすくなります。

手のひらにとって人肌に温め、顔全体を包み込むように、顔に押し当て、内側から外側へゆっくりと馴染ませます。

気になる部分には重ねづけしますが、その場合もそのたびに手のひらで温めてから塗布するようにしましょう。ある程度馴染んだら、ハンドプレスでしかりと浸透させましょう。
美白化粧水をつけるタイミングは、体が温まって毛穴が開いているお風呂上がりがおすすめです。

YOMIURI ONLINEに興味ある方、必見です。

ホットタオルで毛穴を開かせてから使うのも良いでしょう。


また、肌全体がくすんでいると感じたら美白化粧水を使う前に、角質ケアすることも大切です。
角質がたまっていると、有効成分が浸透しにくくなってしまうので、定期的にスクラブやピーリング剤で角質ケアするようにしましょう。美白化粧水は白く透明感のある肌になるには欠かせないアイテムです。
毎日使っているのに効果が感じられないという場合は、使い方を見直してみて下さい。

せっかく使うなら、少しでも効果の高まる使い方をして透明肌を目指しましょう。